▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
自動車保険 一括見積もり 最大17社

自動車保険

車社会の現代、交通事故での死傷者は年々増加しています。

平成20年度の交通事故の発生件数は全国で765,510件
うち負傷者が944,071人、死者5,155人でした。実に1日14人の人が交通事故で死亡している計算です。

もちろん、交通事故もピンからキリまで。大した事故にならずに済む場合もあるでしょう。しかし、交通事故の多発する現代では、一歩間違えば死亡事故に繋がってしまうような大事故も少なくありません。また、いくら自分だけが安全運転を心がけていたとしても、いつどんな事故に巻き込まれてしまうかもわからないのです。

交通事故で相手の命を奪ってしまったり、ケガを負わせてしまったり、車に損害を与えてしまった場合、加害者のドライバーはそれを償わなければなりません。

死亡者が出るほどの交通事故においては、損害賠償が1億円を超える金額に及ぶケースもあるといわれています。とても個人で支払える金額ではありませんね。

そこで必要になってくるのが自動車保険です。
自動車保険に加入しておくことで、交通事故を起こしてしまった場合の経済的負担を肩代わりしてもらうことができるのです。

自賠責保険

通常、自動車保険には、自動車を運転する人なら強制的に加入しなければならない「自賠責保険」というものがあります。しかし、この自賠責保険は補償の範囲が限られています。

「対人」に対する補償がおもなため、「対物」への補償はありませんし、自分がケガを負った場合や車を破損した場合などの補償はありません。

また、対人といっても補償の上限が死亡事故で3000万円、重度障害が残った場合でも4000万円なので、それ以上の賠償金額が発生した場合カバーしきれない事になってしまいます。

任意保険

自賠責保険に上乗せして「任意保険」に加入するのが一般的です。

任意保険には、対人賠償保険、対物傷害保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険、人身傷害補償保険などがあります。

これらの自動車保険に加入することで、なたのカーライフの万一に備えることができるのです。