▼あなたの車のメーカーは? ヘルプ
自動車保険 一括見積もり 最大17社

事故処理上のポイント

自動車保険に加入するだけではなく、実際にもし事故が起こってしまった時、どう処理をすればいいのかという予備知識を持っておくと、いざという時に落ち着いて対処できるでしょう。

まず、事故処理上のポイントとして一番大事なことは”人命救助”です。これを一番のポイントとして覚えておきましょう。事故が起こった際まず確認しなければならいのは、ケガ人の有無です。そして、もしケガをした人がいれば、その人を安全な場所に移動させ、出来るだけ早く救急車を呼びましょう。それから警察へも連絡します。

2次災害防止

次に、2次災害を防ぐためにも、後に続く車両に迷惑をかけないためにも、道路上に走行の妨げになるようなモノが散乱していれば、それをすみやかに邪魔にならない場所へ寄せておきましょう。

身元確認

事故処理上のポイントとしてもう一つ重要なことは、お互いの身元確認です。 事故の相手の名前、住所、電話番号、運転免許証の記載事項、お互いの保険会社の情報などを確認しあっておきましょう。中には、運転免許証を見せたがらない人や免許不携帯の人もいるかもしれませんが、その場合は車のナンバープレートを控えるなどして、必ず後で連絡の取れる状態にしておきます。

それから、優先順位は下がりますが目撃者がいた場合に連絡先を来ておく、自分が契約している保険会社へ連絡をして指示をあおぐなどを落ち着いて処理していってください。

なお、現場でやってはいけないこととして、事態がはっきりしないうちから必要以上に謝罪の言葉を述べたりしないほうが賢明です。その場で示談に、というのもよくありません。後々面倒なことに巻き込まれないためにも、必ず警察や保険会社にあいだに入ってもらうようにしましょう。